何故そんなに働くのか

毎朝、会社に行くときに考えてしまうようになったことがあった。会社に入って一年くらいたったときだったと思う。結構大変な部署に配属されて、ヤバイな、と思いはじめたときだった。

なんでそこまでして働くのかと。

最初は、愚痴だったがだんだんと掘り下げ考えていった時期で結構悩んだ。

そのときの結論は、
「今の仕事が唯一の効率的な稼ぐ手段」
になってしまっていること
だった。

もっと端的に言うと僕の場合、
「今の仕事=稼ぐ手段」
でしかないことがハッキリした。
これは部署が変わった今でも変わらない。

当時の上司は、やりたいことが仕事の人でプライベートと仕事の区別がないと公言している人だった。
この上司にときどき言われたのが、
「(仕事で)やりたいことはないのか?」
とほぼ脅迫めいた口調で言われたことがあった。

僕の本音としては
「仕事とか基本したくない」
だったけど、そんなことは言えるわけもなくモチョモチョなにかつぶやいていた。

幸いにして今は、その部署から離れた。
当時からうすうす思っていたが、最初から根本的に論点が違うので話にならない話だと思う。
単純に切り口を「稼ぐ手段=(≠)仕事」、「やりたい(やりたくない)」で分類すると以下の4パターンになる。

①稼ぐ手段=仕事&やりたい
②稼ぐ手段=仕事&やりたくない
③稼ぐ手段≠仕事&やりたい
④稼ぐ手段≠仕事&やりたくない

「稼ぐ手段=仕事」とは収入の半分が今の仕事ということを含むという意味合いです。
(一般的な共稼ぎとかもこちらサイドのカテゴライズなイメージです)

④の場合に働き続けることは厳しいと思います・・・僕ならやらないです。

①③は程度の違いはあれ、「仕事=やりたいこと」になるので仕事に関しては幸せかと思われます。
僕は違うのでわからないですが、やりたいことを仕事にしたり、やっていくうちに好きになったとかいう感じかなと思います。

僕は②のパターン…
やりたいことは仕事ではないです。

ここに先ほどの上司と話が噛み合わなかった理由があると思っています。
向こうも何を考えているのかよくつかめなかったのではないかと思います。

この種のネタは一時期よく考え、今でも結構考えるのでちょいちょい書いていきたいです。
今日はこのへんで。

関連記事



にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

コメント

非公開コメント

訪問者数

このブログの説明

このブログは普通の子持ちサラリーマンの日記です。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナーをクリックしていただけると幸いです。




にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

最新トラックバック

プロフィール

オベ ポピ助

Author:オベ ポピ助
30代(生誕年1984年)
既婚&2児の父
共働きのサラリーマン
腕時計が好き

検索フォーム

RSSリンクの表示

follow us in feedly

リンク

免責事項

1.投稿している記事の内容には十分注意を払って書いていますが内容については責任は負えませんのでご了承ください。

2.投資の内容などは私見であり将来の結果に対して何ら保証などはありません。投資は自己責任でお願い致します。

3.当ブログ内で一部広告が出ておりますが、その広告経由で購入された案件につきまして返品交換などのトラブルには当ブログでは対応いたしかねます。信頼出来る広告のみを掲載しているつもりですがトラブルの際は購入元のWebサイトにお問い合わせください。