機械式腕時計に思うところ

前職場を先週脱して今月は有給消化月間。。。
無敵の存在やね笑)

余裕ができたので久々に腕時計ネタを・・・
腕時計の種類として電池で動くクオーツ式と機械式があるのだけど今回は「機械式」の時計の話。

時計の需要が下がっている昨今、コロナでより鮮明にその傾向が出てきました。
ワイも使っていてすごく実感するけど機能で攻めるならスマートウオッチの独壇場で、はっきりいって電波ソーラーくらいでは機能勝負では勝てないと思います。

時計の価値として唯一可能性があるのは装飾性・希少性・趣味性などニッチな領域で推していくこと。
その可能性は腕時計の中でも「機械式」時計になるかなと・・・

具体例を出してみると・・・

・機能が高いのはスマートウオッチだけどこの時計をつけると気分が上がる・やる気になる
・子どもが生まれた記念に買って成人したら渡そう
・機械が好きで動いているのをみるのが楽しい

みたいな感じの需要です

腕時計の魅力を推していくならば、個人的には「機械式」にこだわるしか解は無いような気がしています。
でもね・・上記のような需要はかつて(昭和時代)の必需品であった腕時計より数はでません(個人の予想です)。
単価を上げるしかなく、クオーツでは安易な値上げは厳しいのではいかと思います。
事実、2000年代より今は定価はものすごく上がっています。

気軽につける時計はスマートウオッチへ変わっていくと思われます。
1000円くらいの安い時計の分野でもスマートウオッチが進出しています。

「機械式」も値上げの理由づけとして、素材を変えたり機能性(耐磁性能・パワーリザーブ)などを追加するようになりました。
ETAやMIYOTAの外販Mvを載せただけのブランドで、そこそこ高価な時計(20~30万円)とかは存続が難しくなっていくと思います。
(メンテナンスの信頼性とか差別化をどう考えていくかというところはあると思います。)

安くて品質も良い(昔のSEIKO5みたいな)時計は今後出てこないような気がします。
寂しいけど商売の構造上しかたないかなとも思いますが、数が出ないので時計は今後も高価格化は止まらない気がします。
関連記事



にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

コメント

非公開コメント

訪問者数

このブログの説明

このブログは普通の子持ちサラリーマンの日記です。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナーをクリックしていただけると幸いです。




にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

最新トラックバック

プロフィール

オベ ポピ助

Author:オベ ポピ助
30代(生誕年1984年)
既婚&2児の父
共働きのサラリーマン
腕時計が好き

検索フォーム

RSSリンクの表示

follow us in feedly

リンク

免責事項

1.投稿している記事の内容には十分注意を払って書いていますが内容については責任は負えませんのでご了承ください。

2.投資の内容などは私見であり将来の結果に対して何ら保証などはありません。投資は自己責任でお願い致します。

3.当ブログ内で一部広告が出ておりますが、その広告経由で購入された案件につきまして返品交換などのトラブルには当ブログでは対応いたしかねます。信頼出来る広告のみを掲載しているつもりですがトラブルの際は購入元のWebサイトにお問い合わせください。