腕時計の役割はなんだろう?と考えた

お盆休みももう終わり・・・
ワイの夏休みももう終わりや・・・と悲しくなってきたので好きな時計について書いてみる。

腕時計はもうオワコン。
スマートウオッチにかなわないでしょ?


こういう否定的なことをよく耳にしますがワイは昔ながらの腕時計が好き。
高精度の年差クオーツにちょっとハマったのがきっかけで、最近は機械式にもハマりつつある。

なんだかんだ言っても腕をチラ見するだけで時間がわかるのは便利だと思っている。
ただ否定的な意見も聞くし、実際に電車に乗ったときに腕時計をしている人は大体半分くらいかなーという今日この頃。
スマートウォッチもよく見ます。

腕時計の「今」の役割ってなんやろね?って常にアタマの中に疑問があったのです。
あくまで「今」です。
・(正確な)時間がわかる
・日付・曜日がわかる
みたいなのは「昔」の役割ではないかと思うわけです。
「今」でも別に完全に無価値なわけではないが、他の物でもそのへんはわかっちゃう世の中じゃないですか。

そんななか、すとんと腑に落ちる記事をいつもみさせていただいている時計ブログのなかで見つけました。
「日常に寄り添う腕時計」
以下、特にぐっと来た箇所を引用します。

なりたい自分に近づけてくれるアイテムであったり、周りからすごいと思われる要素のひとつであったり、死線を潜り抜けた相棒であったり、家族から渡されたお守りであったり。要は腕にはめた時計を見て『気持ちが高まる』『安心感が生まれる』『自信が出る』『ニヤニヤできる』から、腕時計を身に着ける、というのは良い付き合いだと私は考えています。    日常に寄り添う腕時計(2019/8/15)より引用



これ、「今」の腕時計の価値だよね。ってワイは思うわけです。
・自分自身を励ますアイテム
これです。
時計に積み込まれている技術やら、デザインやら、ストーリーやら人によって重視する点は違うかもだけど、どこかの要素がその人にグッときて自分自身を励ましてくれるアイテムになる・・・。

ワイにとって今のところ、とってもグッとくる腕時計の価値だと思います。
「日常に寄り添う腕時計」さん、ありがとうございました。

この辺が腑に落ちるとこのパチ物を使用している人は信用できないという記事も理解が深まります。

かがり美少女の中の人のブログ
パチモンのロレックスを着けている人にはマジで要注意だ

自分を励ますためではなく(パチモンに励まされる人はいないよね?)、他人に誇示するためだけに(某かの理由で)ホンモノではなくパチモンを着けている・・・。こんな人は確かに要注意ですね。。。

写真はSWATCHの機械式時計です。2,5000円ですごい高性能の機械式です。
すごさはSWATCHのHPでご確認ください。
この時計でもワイはテンション上がります。こんな見た目で高スペックとかたまらんよね!

SWATCH








関連記事



にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

コメント

非公開コメント

訪問者数

このブログの説明

このブログは普通の子持ちサラリーマンの日記です。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナーをクリックしていただけると幸いです。




にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

最新トラックバック

プロフィール

オベ ポピ助

Author:オベ ポピ助
30代(生誕年1984年)
既婚&2児の父
共働きのサラリーマン
腕時計が好き

検索フォーム

RSSリンクの表示

follow us in feedly

リンク

免責事項

1.投稿している記事の内容には十分注意を払って書いていますが内容については責任は負えませんのでご了承ください。

2.投資の内容などは私見であり将来の結果に対して何ら保証などはありません。投資は自己責任でお願い致します。

3.当ブログ内で一部広告が出ておりますが、その広告経由で購入された案件につきまして返品交換などのトラブルには当ブログでは対応いたしかねます。信頼出来る広告のみを掲載しているつもりですがトラブルの際は購入元のWebサイトにお問い合わせください。