今年の投資戦略

いまさらですが今年の私の投資戦略を考えてみました。

基本的には各指数(TOPIX)などに連動させるのが私の投資スタイルです。
いろいろ情報収集や自分でちょこちょこやってみて仕事をしながら無理なくできそうだなということでこのスタイルにしています(今のところ)。


戦略を考えたステップは以下のとおり。
①投資額を決定
年間の投資額Xをおおよそ決定させます。
Xが最悪7割くらいになっても許容出来る額を設定します。

②買い方
二本立てで考えています。
a)年間投資額Xの半額は月割にして投資信託を積み立てます。
b)残りの半額は年間の任意のタイミングで投資します。
a)が一番お手軽なのですが、相場や経済情報をチェックするモチベーションのためにb)を取り入れてみることにしました。b)は今年からの試みです。

以上です。

また投資をする家計状況としては住宅ローンなどの負債を抱えていないこと、家計収支が黒字であることなどが大前提としてあげられると思います。
有名ブロガーの水瀬ケンイチさんの記事が参考になると思います。
投資を始める前の「家計診断」を自分でやる方法

積み立てる投信は今のところ
「eMAXIS全世界株式インデックス」
「eMAXIS新興国株式インデックス」
の2本です。

全世界~は1本で世界に投資できること、新興国~は単純にこれからは新興国の方が成長率が高いだろうという程度のお気楽な理由で選んでいます。
何を積み立てるのか(積立金額)は状況によって変わるかもしれないです。
特に根拠はないセレクトです。


今日はこの辺で。





にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

源泉徴収票

一発目の記事は税金に関してです。

2012年も終わり、2013年になりました。
2012年の所得も確定し、源泉徴収票を職場でもらった方もいるかもしれません。
(ちなみに私の会社ではまだです(笑))

せっかくなので、会社員が意識しない「税金」について簡単にまとめてみたいと思います。
(実は最近調べてみるまで私もよくわかっていませんでした・・・)
*一般的な給与所得を得ている会社員の場合です。その他の事例は知らないです

会社員が取られている税金は大きく2つです。
①所得税
②住民税
いまさら何を!という感じですが、ちょっとまえの私はこれすらきちんと把握できたかというと怪しかったです(汗)

それぞれの税率はご存知でしょうか?
①は所得額によって違いますが5~40%
②は一律に10%です
①は一般的な会社員だと5~20%くらいに入る人がほとんどではないでしょうか。

また税金は額面の給与に直接税率をかけるわけではありません。

超大雑把には

「額面の給与」-「いろいろな控除」=「課税対象額」

となり、「いろいろな控除」の分は課税しませんよ!となるので思いのほか税金で持っていかれるお金って多くはないです(あくまで個人的な感想ですが)
いろいろな控除は正式には「給与所得控除」「所得控除」ってやつです。
これらについてはまた別の機会にまとめてみたいです。


それよりも年金などの社会保険料が俄然金額的には大きく高負担な気がしています。
また天引き制度は税金に関する興味関心を失わせるのには向いている制度だと思ってます。


ちょっと前の私のように自分がどのように税金を収めているのか知らない会社員は多い気がしています。
そんな過去を悔い改め、地道に知識を仕入れて活用(節税)したいと思う今日この頃です。









にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

訪問者数

このブログの説明

このブログは普通の子持ちサラリーマンの日記です。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナーをクリックしていただけると幸いです。




にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

最新トラックバック

プロフィール

オベ ポピ助

Author:オベ ポピ助
30代(生誕年1984年)
既婚&2児の父
共働きのサラリーマン
腕時計が好き

検索フォーム

RSSリンクの表示

follow us in feedly

リンク

免責事項

1.投稿している記事の内容には十分注意を払って書いていますが内容については責任は負えませんのでご了承ください。

2.投資の内容などは私見であり将来の結果に対して何ら保証などはありません。投資は自己責任でお願い致します。

3.当ブログ内で一部広告が出ておりますが、その広告経由で購入された案件につきまして返品交換などのトラブルには当ブログでは対応いたしかねます。信頼出来る広告のみを掲載しているつもりですがトラブルの際は購入元のWebサイトにお問い合わせください。